妊娠出産子育てに ベネッセライフスマイル ショップ icon
子育てに プロの選んだ本物を スタイルストア icon
子育て中だって コスメ・コム icon
ミキハウスから入園・入学用のウェア・グッズが勢ぞろい。
お花に想いを込めて「日比谷花壇」
デジタルカタログ_TOMATOMA_Vol.84 主婦の友

2012年05月18日

PTA役員になったら

 PTA役員になってしまったらどうしますか。

 断れるものなら断りたいのが本音ですよね。

 もちろん、「子どもたちのためにできることはしたい」と考える人もいるでしょうけれど。

 もし、くじで当たったりして断りきれなくてPTA役員をすることになったら、「どうせやるなら前向きに」と切り替えて、頑張るのがいいですよね。

 自分に務まるだろうかという不安は、PTAの活動がどんなものかを知ることで、ある程度は軽減できるはずです。

 そこで、その日が来てしまったら、PTA関連の本を読んで勉強しましょう。
 
 大変は大変でしょうけれど、PTAの活動から得るものも多いかもしれません。



PTA再活用論―悩ましき現実を超えて (中公新書ラクレ)

まさかわたしがPTA!?

PTAのあいさつ・司会進行・文書の事典

にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったらクリックして応援してくださいね。

「子育て応援広場」トップページへ
posted by nobouru at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育ての本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

野の花さんぽ図鑑 子育ての本(14)

 子育てにおいて散歩はとても大切だと思います。

 子どもの想像力や国語力を伸ばしてあげるためにも、散歩はおススメです。

 散歩の途中で見るもの、聞くもの、感じるもの、すべてが想像力につながります。

 キンモクセイの香りも知っている人には当たり前かもしれませんが、知らない人は知らないものです。

 鳥の声も、よく分かる人には、声が聞き分けられ、その鳥の姿も思い浮かべられるのでしょうね。

 特に小さい子どもには、「実況中継」もしてあげたいものです。
 
 「冷たい風が吹いてきたね。」「雀がチュンチュン鳴いているね。」「キンモクセイのいいにおいだね。」と子どもに話しかけてあげるのです。まだ言葉が話せない年齢の子どもにも、「実況中継」は有効です。

 「実況中継」については、「『子どもが壊れる』 子育ての本(2)」で紹介した、正司昌子さんの『授乳時のケータイで子どもは壊れる』(ベスト新書)に紹介されていたはずです。

 そうそう、今日は「実況中継」の話が主ではありませんでした。

 三女の秋子が新聞を持ってきてニヤニヤしながら指さすのです。

 1面の下のほうの本の紹介欄です。

 見てみると『野の花さんぽ図鑑―木の実と紅葉』の紹介です。

 秋子は散歩が好きで、木の実が好きで、だから特に秋の散歩が好きなのです。

 大人の植物図鑑とありましたし、2100円と決して安くはありませんが、すぐに買うことにしました。

 本が来るのが楽しみです。

 そして、もちろんその後の秋子との散歩も楽しみです。

 
野の花さんぽ図鑑―木の実と紅葉


にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったらクリックして応援してくださいね。

「子育て応援広場」トップページへ
posted by nobouru at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育ての本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

『「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる法』 子育ての本(13)

 子育ての本の13回目です。

 前回紹介した『勝てる子供の脳』と一緒に購入した本で、今日読み終わりました。

『「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる法』(小林公夫、PHP新書)

 著者の小林公夫さんは、著者略歴によると、「現在、明治大学法科大学院教育補助講師として、刑法、刑事訴訟法を指導する傍ら、司法試験予備校Wセミナーでロースクール入試講座を担当している」方です。

 中学受験生を皮切りに、医学部受験生、司法試験受験生、ロースクール受験生を指導してきた経験から、「伸びていく子の原動力」「できなくなる理由」を考え、「著者の子育て体験」も教えてくれます。

 ただ、少し気になることがあります。

 この本のタイトルは子どもを勉強に向かわせたいと願う親の注意を引くと思いますが、私も含め読者は、「子どもにこの本のタイトルを見られたくない。」と思うのではないでしょうか。

 だって、子どもがこの本のタイトルを見たら「僕に(私に)勉強させる気だな。」と思うではないですか。そう思っただけで、親を敵に回すような気にさせてしまうかもしれないではないですか。「お父さんは僕を勉強好きにしようと考えてくれているんだ。ありがとう。」とは思わないでしょう。

 考えすぎでしょうか。


「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる法 (PHP新書)



にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったらクリックして応援してくださいね。

「子育て応援広場」トップページへ
posted by nobouru at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育ての本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

『勝てる子供の脳』 子育ての本(12)

 子育ての本の12回目です。

 子育ての本の11回目「子どものノート 見てやっていますか」と10回目「元警察署長の書いた『子育ての鉄則』」、9回目の「『赤ちゃん学の本』」では、子育ての本の何回目かを書いていなかったので、タイトルに子育ての本の何回目かを追加しておきました。

 今回おススメするのは、

『勝てる子供の脳―親の裁量で子供は伸びる』(吉田たかよし、角川書店)

という本です。今日読み終わりました。

 著者の吉田たかよしさんは、NHKのアナウンサーとして活躍された後、医師免許を取得され、現在は学習医学を応用した受験生外来のクリニック「本郷赤門クリニック」の院長として受験生とその親に勉強法の指導をされている方です。

 親に向かって何かを話す、という「プレゼン勉強法」や歩きながら勉強する、という「歩きメデス勉強法」を吉田さんは勧めています。

 「プレゼン勉強法」では、ネタを集める過程で知識が増える、ネタ集めをする姿勢が身に着く、話すために考えをまとめる訓練になる、などの効果が期待できます。

 子供がそれを嫌がることは、当然予想されるので、まず「名詞を答えさせる」という段階から始める、というように、具体的なやり方も教えてくれます。

 「歩きメデス勉強法」は、「新米ママ・新米パパに贈る、幸せな子育てのヒント」で私が何度か書いている「散歩のすすめ」にも通じます。

 「できるだけ子供と散歩をする機会を増やして、歩きながら話しかけるのが脳の発育にとっては効果的」「そもそも、街を歩くという行為自体が、ものすごく勉強になるものです」と吉田さんは言っています。

 一読の価値がある本です。

勝てる子供の脳―親の裁量で子供は伸びる (角川oneテーマ21)



にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったらクリックして応援してくださいね。

「子育て応援広場」トップページへ
posted by nobouru at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育ての本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

子どものノート 見てやっていますか 子育ての本(11)

 「元気な子に育ってほしい。」「優しい子に育ってくれたらいい。」そう願う親は多いと思います。

 しかし、そう言っていても「やはり勉強で回りの子に後れを取ってほしくない」と思ってしまうのも無理からぬことかもしれません。

 子どもを育てるのにいい環境とはどんなものか、一生懸命考え、実践したいものです。

 子どものノートを見てやるのも、上手にやれば、子どもの学習意欲を高めることにつながります。

 もちろん、上手にやらなければ、逆効果になりかねません。

 そこで、ヒントを与えてくれる記事が、「プレジデントファミリー」(2009年11月号、プレジデント社)や「AERA with Kids」(2009年秋号、朝日新聞出版)にあります。

 「プレジデントファミリー」は、「一度書けば、絶対忘れない『桜蔭ノート』大解剖! 」と題して、女優の菊川玲さんなどの出身校としても知られ、「日本で一番賢い女子中学」とも言われる桜蔭中学出身者のノートを分析しています。

 「AERA with Kids」は、「学ぶ力がメキメキ身につくノート術」と題して、『小学生の学力は「ノート」で伸びる! 』などの著書がある親野智可等さんが、ノート術について紹介しています。
 
 子どもが学習意欲を高めるような声をかけてやりたいですね。

プレジデント Family (ファミリー) 2009年 11月号 [雑誌]

AERA with Kids (アエラ ウィズ キッズ) 2009年 11月号 [雑誌]



にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったらクリックして応援してくださいね。

「子育て応援広場」トップページへ

posted by nobouru at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育ての本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

元警察署長の書いた『子育ての鉄則』 子育ての本(10)

 『子育ての鉄則―道を誤らせないために』(星幸広、大修館書店)という本を読みました。

 子育ての本といえば、著者が小児科医であったり、児童心理学の大学教授であったり、ということが多いと思いますが、この本の著者である星幸広さんは、元警察署長です。現在は千葉大学大学院講師を務めていらっしゃいますけれど。

 大学では「学校危機管理」の講義を担当していらっしゃるそうです。

 元警察署長で「危機管理」専門家ということで、この本でも「はじめに」として「『危機管理』としての子育て」を説いています。子どもが非行に走ったり、子どもが犯罪に巻き込まれたりすることを「家庭の危機」ととらえるのです。

 多くの少年犯罪に関わってこられた星さんならではの視点です。

 子どもを育てるのが難しい時代です。

 子育てがうまくいかないと、親のほうも、子どものほうも、家族みんなが不幸になってしまいます。

 その不幸を招かないようにするための「危機管理」、もっともだと思います。

 内容は、子どものほめ方・叱り方、幼稚園や学校との付き合い方、ケータイ・ゲームの与え方、子育てのための家庭作りなどです。

 『子育ての鉄則』。読んでみてはいかがでしょうか。

 「幸せな子育てのヒント」が発見できると思いますよ。

子育ての鉄則―道を誤らせないために



にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったらクリックして応援してくださいね。

「子育て応援広場」トップページへ
posted by nobouru at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育ての本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

赤ちゃん学の本 子育ての本(9)

 赤ちゃん学って知っていますか。

 最近『赤ちゃん学を知っていますか?』という本を買ってきました。まだほんの少ししか読んでいませんが、産経新聞で2002年に連載された記事をまとめたものです。

 本の紹介から大分離れていたように思います。

 今回は「赤ちゃん学」関係の本を三冊紹介します。

  1.  『赤ちゃん学を知っていますか?』(産経新聞「新・赤ちゃん学」取材班、新潮文庫)

  2.  『日曜ピアジェ 赤ちゃん学のすすめ』(開一夫、岩波科学ライブラリー)

  3.  『赤ちゃん学カフェ』(日本赤ちゃん学会)


 『赤ちゃん学を知っていますか?』については、「新米ママ・新米パパに贈る、幸せな子育てのヒント」の「赤ちゃん学を知っていますか?」で、もう少しだけ詳しく書いていますので、そちらもどうぞ。

1. 赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識 (新潮文庫)

2. 日曜ピアジェ 赤ちゃん学のすすめ (岩波科学ライブラリー)

3. 赤ちゃん学カフェ〈2008(vol.1)〉

にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったらクリックして応援してくださいね。

「子育て応援広場」トップページへ
posted by nobouru at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育ての本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

幸田露伴の子育てに学ぶ 子育ての本(8)

 私が「子育ての見本」と考えている人の一人が幸田露伴です。『五重塔』という代表作がある明治の文豪です。

 幸田露伴の子育てについて知ったのは、娘の幸田文さんの『父・こんなこと』を読んだのがきっかけです。

 『父・こんなこと』の中の「あとみよそわか」というのを是非読んでみてください。幸田文さんが父・幸田露伴に掃除の仕方を教わった時のエピソードです。

 露伴に近づきたいと思った私は、娘たちに雑巾のしぼり方をお風呂で教えたり、窓ふきの仕方を大掃除のときに教えたりしました。

 今回は、子育ての本の8回目です。

 私が「子育ての見本」と考えている一人、幸田露伴関係の本です。

@ 幸田文『父・こんなこと』(新潮文庫)
A 渡部昇一『幸田露伴の語録に学ぶ自己修養法』(格知出版社)
B 幸田露伴『努力論』(岩波文庫)

 @の『父・こんなこと』は、上に書いたとおり、私が幸田露伴を「子育ての見本」と考えるきっかけとなった本です。

 Aの『幸田露伴の語録に学ぶ自己修養法』は、露伴がどんな人なのか、露伴がどんな考えを持っていたのかなどが分かります。福を身につけるための三つの道、すなわち「惜福」「分福」「植福」は、子育てにも生かせると思います。

 Bの『努力論』は、幸田露伴自身の著作です。渡部昇一さんは、『幸田露伴の語録に学ぶ自己修養法』の中で、「私は『努力論』を座右に置いて、数え切れないほど読み返すことになった」と書いています。



@ 父・こんなこと (新潮文庫)
A 幸田露伴の語録に学ぶ自己修養法
B 努力論 (岩波文庫)

にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったらクリックして応援してくださいね。

「子育て応援広場」トップページへ

posted by nobouru at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育ての本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

星野道夫の本 子育ての本(7)

 NHK教育テレビの「私のこだわり人物伝」、星野道夫さんの第3回を見ました。

 先々週「星野道夫の写真集 子育ての本(5)」で、星野さんの写真集と、「私のこだわり人物伝」を紹介しましたが、実は第2回を見逃してしまいました。

 ふだん、あまりテレビを見ないので、朝新聞のテレビ欄を見て「今日はこの番組を見よう」と思っても、見逃してしまうことがよくあるのです。

 第3回は、忘れずにビデオにとっておいて、一日遅れで今日の夕食後に見ました。

 今回は奥さんの直子さんが、星野さんと共に過ごした時間のことなどを語ってくれていました。知れば知るほど、星野さんのファンになります。

 子育てと関係あるのかですって? あります、あります。

 番組の中にあったのですが、星野さんは生前、京都の法然院森のセンターで、子どもとの交流会を開いており、スライドで写真を見せながら、アラスカの自然や人の営みをじっくりと語っているのです。その時に残した子どもたちへのメッセージを紹介しましょう。

 「短い一生で 心魅かれることに多くは出合わない もし見つけたら 大切に…… 大切に……」

 今日は、星野道夫さんの本を紹介します。前の時と同様、子育てについて書かれたものではありませんが、子育ての本の7回目です。

@ 星野道夫『旅をする木』(文春文庫)
A 星野道夫『ノーザンライツ』(新潮文庫)
B 星野道夫『長い旅の途上』(文春文庫)

 「私のこだわり人物伝」は、全4回で、次回は3月24日、夜10:25です。

 見逃さないようにしなくちゃ。



@ 旅をする木 (文春文庫)
A ノーザンライツ (新潮文庫)
B 長い旅の途上 (文春文庫)

にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったらクリックして応援してくださいね。

「子育て応援広場」トップページへ

posted by nobouru at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育ての本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

中学受験する? しない? 子育ての本(6)

 右サイドバー下落の問題、解決しました。ご心配おかけしました。seesaaブログの担当の方に教えていただきました。ありがとうございました。

 さて、今回は、中学受験です。

 子どもたちの学力低下が叫ばれ、ゆとり教育への反省があちらこちらで言われるようになりました。

 私は東京にいた一時期、有名中学を受験する小学生を相手に塾で教えていたことがあります。都会の真ん中で夜遅くまで勉強する小学生たちを、複雑な思いで見ていたのを思い出します。

 「お前たち、頑張っているな」という思いと、「この子たちにもっと遊ばせてやりたい」という思いと。

 今回は、子どもに中学受験をさせようと考えているお父さん、お母さんに、中学受験について知るための本を紹介します。

 我が家では三姉妹の長女が中学受験をしました。田舎のことですので、都会のように私学が多くはありませんが、第一希望の中学に入学しました。次女と三女はまだこれから考える段階です。

@ 和田秀樹『受験は要領 中学受験編』(PHP文庫)
A 清水克彦『わが子を有名中学に入れる法』(PHP新書)
B 安田理『中学受験 わが子をつぶす親、伸ばす親』(生活人新書)

 @の『受験は要領 中学受験編』の著者、和田秀樹さんは、受験についての著書がたくさんある精神科医で、この人の本は少なくとも一冊は読んでおくべきでしょう。お子さんの中学受験を考えている方なら、和田秀樹さんを知らない人はいないでしょうね。

 Aの『わが子を有名中学に入れる法』は、@の和田さんが解説を書いている、ということを表紙でもアピールしています。塾選びのコツ、父親の役割など、中学受験を考えている家庭が、何にどう取り組めばいいのか案内してくれます。

 Bの『中学受験 わが子をつぶす親、伸ばす親』では、著者の安田理(おさむ)さんが、「中学受験で親子関係や夫婦関係を壊さないように」という思いをこめて「受験生活の送り方」について教えてくれます。首都圏・関西圏の私立中学50校の学校ガイドも載せています。



@ 受験は要領―中学受験編 PHP文庫
A わが子を有名中学に入れる法 (PHP新書)
B 中学受験―わが子をつぶす親、伸ばす親 (生活人新書)



 中学受験のために、SAPIX、四谷大塚、日能研で教えた経験のあるプロ講師を家庭教師につけようかと考えているなら、「中学受験専門家庭教師ドクター」を検討してもいいかもしれません。(ただし、東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、岐阜、三重、大阪、京都、奈良、兵庫、和歌山にお住まいの方のみが、資料請求できるようです。)





中学受験専門プロ家庭教師の中学受験家庭教師ドクター


にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。
記事が参考になったらクリックして応援してくださいね。


「子育て応援広場」トップページへ
posted by nobouru at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育ての本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ミキハウス】★天使のはね★早期受注ランドセル(男の子)
妊娠出産子育てに ベネッセライフスマイル ショップ icon
子育てに プロの選んだ本物を スタイルストア icon
子育て中だって コスメ・コム icon
ミキハウスから入園・入学用のウェア・グッズが勢ぞろい。
お花に想いを込めて「日比谷花壇」
デジタルカタログ_TOMATOMA_Vol.84 主婦の友

【ベッタベビーストア】オシャレと使いやすさにこだわったママグッズ
京王百貨店
【京王百貨店】ベビー&キッズ
 アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen  
ミズノキッズシューズが売れる理由!
アトピー、アレルギー対策SHOPのもぐもぐ共和国
【ベッタベビーストア】オシャレと使いやすさにこだわったママグッズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。